Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> おひさま あらすじ 14週 >> おひさま あらすじ 14週

おひさま あらすじ 14週

おひさまのあらすじの14週です。(公式サイトより引用)




和成(高良健吾)が突然帰還し、驚きのあまり腰を抜かしてしまった陽子(井上真央)に、徳子(樋口可南子)も道夫(串田和美)も大笑い。
丸山家にとって、やっと戦争が終わった。
戦地で失った大切な仲間の分まで命がけで生きるという和成の決意に茂樹(永山絢斗)も共感する。
学校では指導方針が目まぐるしく変わり、教師は生徒からの信頼を失うばかり。
しかし、東京に帰る杏子(大出菜々子)は、陽子の思いをしっかりと受け取った。
真知子(マイコ)は郵便局の仕事が無くなり、父親の競争相手の下で働くことに。
育子(満島ひかり)はもう一度東京へ行こうと準備中。
女性に参政権が与えられると報道され、女性の時代の到来を期待する三人。
しかし、戦争の傷痕は深い。
啓子(初音映莉子)の夫は和成の兄貴分だったが、幼い子どもを残して戦場に散ったと知れる。
和成は怒りを抑えきれない。
丸庵はやっと店を再開する。
まだそばは出せず、煮物などを細々と出す日々だが、徳子と道夫は楽しそうだ。
陽子は新校長・萩原(矢島健一)が自分や夏子(伊藤歩)を辞めさせたがっているのは感じていたが、
子どもたち相手に戦後の新しい教育を始めるのが楽しかった。

和成(高良健吾)が突然帰還したのは衝撃だったね。
戦争はやっぱり何ももたらさないね。

おひさまはまだまだ盛り上がるところがありそうだね。
再放送とかしてくれるけどたまに見逃してしまうのがつらい。
DVDで一気にみたいな。

おひさまのDVDの最安値を楽天市場で探す>>








wayway22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:おひさま あらすじ 14週

多汗症でお悩みの方へ

久保田式多汗症改善7日プログラム

Entry

PR

Category

Archives

アクセス解析

ダイエット食品ランキング QLOOKアクセス解析

Sponsored Links

Feed